リフォーム施工事例

  • 和室の内装を統一してLDK空間と一体化

    とにかく和室が暗いのを解消したいというご要望で、LDKと和室の間にある壁の一部をくり抜くことになったリフォーム。
    LDKから届く光と内装に使った白色とで、和室が見違えるように明るく、そしてモダンになりました。
    また、LDKと和室の内装を統一することで、より一体感を増しています。

    施工データ

    工事費/約150万円
    工事期間/約3週間
    リフォーム場所/和室、収納、LDK
    住居形態/一戸建て

    LDK Before/After



    LDKからの光りが充分に和室へ届くよう、窓際の壁へ扉2枚分の
    大きな開口を設けました。
    扉をオープンにすれば、LDKからの延長空間のような感覚で
    実用的に和室を使っていただけます。



    地模様のついたボードが張られていたLDKは、塗り壁調の白いクロス張りに。



    天井・壁に白いクロスを貼り、扉も白一色に揃えることで
    より明るさを増しました。
    空間をすっきりと、広く見せる効果もあります。


    和室 Before/After



    暗い印象の和室は、真壁仕様で床の間のある昔ながらのものでした。
    障子を取り払い、畳には淡いピンク色の琉球調畳を採用。
    壁や天井、扉など、真っ白な内装はLDKと共通です。
    白いクロスとLDKから射し込む光の相乗効果で、
    明るくモダンな洋風和室に生まれ変わりました。


    収納 Before/After



    LDKとの間にあった床の間と押入を撤去して残った、階段下のスペース。
    クローゼットを設けて有効に活用しました。

    こちらは何もない壁面だった部分へ
    新設したクローゼット。
    押入が無くなった分を補って余りある、
    余裕の収納力です。