リフォーム施工事例

  • モダン和室とウォークインクローゼットで収納力UP

    収納スペースが不足していたマンションの和室をリフォーム。
    寝室兼物置として使われていた6畳の和室空間に、4.5畳の和室と大容量のウォークインクローゼットを新たに設けました。
    リビングダイニング空間ともマッチするモダンな和室の畳下には、空間を活かし切る収納アイデアが詰まっています。

    施工データ

    工事費/約110万円
    工事期間/約3週間
    リフォーム場所/和室、収納
    住居形態/マンション


    和室 Before/After



    行き場がなく和室にあふれていた物はクローゼットへ収納、すっきりした和室は寝室として広く使えるようになりました。
    リビングダイニングからつながる空間にある和室はモダンな雰囲気にまとめて、全体に統一感をもたせました。淡いグレーカラーの琉球調畳に合わせて、開口部の縁は落ち着いたグレーに塗り替え。壁クロスの白が明るく、空間をより広く見せてくれます。


    高い位置にある押入は布団収納用。
    出窓の高さとのバランス、そして布団の出し入れのしやすさを考えた設計です。
    和室奥の右側にある扉は、ウォークインクローゼットへつづいています。


    畳下収納


    (リビング側)
    (クローゼット側)
    リフォーム前よりも座面を上げた畳の下は、全て収納空間になっています。
    リビング側の畳一列分は引き出し式収納。
    中央の一列分は、畳を上げると3ブロックに分かれた収納スペースが現れます。
    クローゼット側の畳一列分の下空間もオープンにして、収納スペースとして活かしました。


    ウォークインクローゼット


    廊下から出入りできるウォークインクローゼットは、通気性を考えて
    和室との間に大きく開口を設けました。



    写真の左半分に見えているのは和室の押入部分。押入下のスペースへも、
    衣装ケースを置くなどして有効に使えます。
    棚と平行に取り付けたハンガーパイプと、それを横切るように渡したハンガーパイプなど、限られたスペースに、より大きな収納力をもたせる工夫が盛り込まれています。